ニュース

ホット圧縮の操作の基本



1. 温湿布そこは 2 つの方法です。1 種類は使用するお湯袋水の温度が 60-80 ℃、試験温度もお湯いっぱいお湯袋できる 3 分の 2 が手の背面を使用する放電ガス袋、スパイラル カバーを締めて、袖布部品類は、またはタオルでラップ、缶のまた場所湯ベルトではなく、袋に熱いフライ後塩、米または砂であります。温湿布は、1 日 3-4 回あたり通常 20-30 分。

2. 別のホット圧縮方法は、暖かい水にタオルを浸して、患部に適用することです。外の熱を維持するためにタオルや綿のパッドの層と熱いタオルを覆うことができます。タオルは、通常 2 つ交互に使用できれば、5 分を交換してください。温湿布は各時間 15-20 分、3 〜 4 回一日を適用します。