知識

アイスパッドの特徴



充填材料 "相変化一定温度材料"、サーモスタット材料は、一定温度を維持することです。

2.温度:人体より30℃下6〜7℃

3.他の材料を埋める必要はなく、熱を減らすための電気および他のエネルギーの必要性はない、すなわち、冷たく、掃除が容易であり、環境保護に寄与する炭素はない。

4.27℃が結晶化し始め、32℃が溶融し始める。 結晶化は、周囲温度の変化に応じて相変化サイクルに溶解し、相変化サイクルの2000回後、相変化材料は、相変化の5,000サイクル後に、依然として冷凍特性の大部分を維持することができる元の80%の冷凍能力。

5.周囲温度に応じて、3-6時間の各有効冷却時間のための氷パッド;

6.内部相変化材料は相変化材料の30度であり、その潜熱は各キログラムが熱エネルギーを吸収して230KJに達することができるということであり、熱吸収の通常の氷パッドおよび水クッションよりもはるかに熱を吸収する。

7.外側パッキンはPVC複合ポリエステル生地、防水通気性ではありません。

8.摂氏30度の一定温度、体は冷たすぎると寒さを感じることはありません、クールな感じです。